2010年03月12日

南海高野線小型ヘリ墜落事故、嫌疑不十分で不起訴(産経新聞)

 「大阪航空」(大阪府八尾市)の小型ヘリコプターが平成19年、堺市の南海電鉄の線路に墜落し機長=当時(40)=と乗客=同(44)=が死亡した事故で、大阪地検堺支部は11日、乗客への違法な操縦教育が原因として航空法違反と業務上過失致死容疑で書類送検された機長を被疑者死亡で、同社の糸井俊之社長(71)ら3人を嫌疑不十分でそれぞれ不起訴処分とした。航空法違反容疑で書類送検された法人としての同社も嫌疑不十分で不起訴処分とした。

 堺支部は不起訴の理由として、「機長らが操縦教育をしたという十分な証拠がない」などとしている。

 事故は19年10月27日午後3時ごろ発生。小型ヘリのメーンローター(主回転翼)が何らかの原因で機体尾部に接触したために揚力が低下し南海高野線の線路上に墜落、炎上した。

【関連記事】
ハイチ大地震 救援ヘリが墜落、米国人2人死亡
群馬のヘリ墜落事故、原因に「コミュニケーション不足」?
岐阜知事、ヘリ墜落当夜に酒宴 「対応問題ない」
海自ヘリ墜落、海底で機体発見 乗員2人不明で捜索中
65歳の農大生、パラグライダーで墜落 北海道
20年後、日本はありますか?

田母神氏、統合幕僚学校に開設「歴史・国家観」講座を廃止 (産経新聞)
小林千代美議員、地検が参考人聴取へ(読売新聞)
人気モデル集結、横浜で「東京ガールズコレクション」(産経新聞)
<米国務次官補>普天間協議「柔軟に」…現行計画ベスト不変(毎日新聞)
<名古屋食肉公社>債務12億円、銀行が免除へ 市が表明(毎日新聞)
posted by フクイ コウゾウ at 03:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。